カベノコブログ

気になったニュースや音楽、ガジェットを紹介していくブログです。

indigo la Endを聴くと川谷絵音の優しさを感じてしまう。

ゲスの極み乙女で人気の川谷絵音ですが、彼が別にやっているバンドIndigo la Endは知っていますか?

知らなかったら聴くべきです。

川谷絵音の事が嫌いだったらより聴くべきですよ。

そんなバンド、Indigo la Endを紹介する記事です。

f:id:kabenoko:20171130072207j:plain

Indigo la Endってなんぞや?

川谷絵音がゲスの極み乙女より前からやっているバンドです。

ゲスの極み乙女が奇抜で派手な楽曲が多いイメージですが、Indigo la Endはまた異なって、おしゃれな邦楽ロックって感じです。

割とストレートなアプローチで同じボーカルとは思えない良さがあります。

 

「緑の少女」から川谷絵音の当時の純粋さと優しさを知る

youtu.be

そんなIndigo la End初期の楽曲「緑の少女」は彼らの人気の火付け役となった曲です。

この曲を聴いてしまったら、当時の川谷絵音に純粋な部分があると思ってしまうじゃないか、ゲスの極み乙女しか聴いていないのであればこっちも聴くべきだ。川谷絵音の純粋さに皆んなも触れよう。

あとMVを観るとなんか下北沢らへんに住みたくなるし、下北沢って夢と希望詰まっている夢の国なんじゃないかと思えてくる。

実際はそんなことないのにな‼︎

 

「冬夜のマジック」を聴いて改めて思う、川谷絵音は純粋だ

youtu.be

良い曲じゃないか、彼らしさのエモーショナルな部分が伝わって来る。

けど「緑の少女」と比較をすると改めて変化を感じる、それは川谷絵音含めて私たちの成長みたいに。

川谷絵音は私たちに合わせて変化をしてくれてるようにも思えてくる。

だけど変化はしているのに、相変わらず川谷絵音の純粋である部分は何故か感じてしまう。

女々しいようにも聴こえるけどそれが彼の良さでもあるのだろう。

 

色々言わてるけど、川谷絵音はやっぱり天才だよ

不倫騒動で問題にもなっていたけど、別の考え方をしたら川谷絵音と属するバンドのプロモーションにも大きく貢献している。

一つのバンドがここまで現在日本国内で有名になるのって中々いない。

音楽ほとんど知らない人だってゲスの極み乙女しっているし。

そして、川谷絵音が所属しているIndigo la Endとゲスの極みがメジャーシーンで今でも活躍しているというのが凄い。

しかも現在の方角トップシーンにいると言っても過言ではない。

普通に考えてメジャーデビューするのだって難しいのに、それも2バンドもするなんて更に厳しいのわかるでしょう?

しかもバンド毎によって曲のキャラも違うし、どちらもそれぞれ人気を博している。

それを考えると川谷絵音って改めて天才だってわかるじゃないですか。

色々とあったけど、音楽的な面を考えるとゲスの極み乙女やIndigo la Endの人気はまだまだ続いてくのだろうと思う。

 

けど、不倫はやっぱり駄目だよね。

 

それでは。

あの街レコード

あの街レコード