カベノコブログ

自分の考えや知識を独断と偏見で書いていこうと思い、ブログを開始。某家電量販店で働いた後に、現在はIT業界に転職。

受験生へのエール、茂木健一郎のメッセージが熱い。

大学に入った頃、周りでできた友人の話を聞いていると留年をした事で少しばかりの劣等感を感じていたり、志望校に入れなかった事が悔やみきれず転入を考えている

そんな話を結構な頻度で聞いたりします。

受験生って確かに毎日何時間も勉強して、それでも合格できなかったら報われないなんて、確か辛い制度ですよね。

そんな受験制度に対して、「アハ体験」や脳科学者として有名な茂木健一郎がそんな受験生達にYoutubeでエールを送っているのですが、そのメッセージがあまりにも熱いので是非ご覧になっていただきたい。

f:id:kabenoko:20171222183454j:plain

 

 

茂木健一郎のメッセージ動画

youtu.be

受験で落ち込んでいたりするなら一度再生してみても良いかもしれない。

特に受験は特に無意味なものだからゲーム感覚で受けた方が良い。っていうのは心打たれる物がある。

確かに、受験にと落ちたからといって人としての価値が変わるのもおかしいし、それで人生が決まるという認識も変だと思う。

まあ、確かに現在の日本のシステムではそうなっている節はあるんだけど、これが変わるなんていう事はまず当分考えられないし、今の受験生達は受け止めるしかないという現状ですが、本当にゲームだと思えば良いと思う。

というか私自身も思っているのが、人生に対してただ真面目に生きている人が多い気がする。あとは義理とか人情とかに縛られている人も多い。

もっとゲーム感覚で生きても良いと思うのに、日本に生まれていれば余程の事がない限り死なないと思うし、自分が今置かれている環境があまりにも辛いのであれば全てを捨ててしまっといいんじゃないかと。

以前に大学はできる限り卒業した方が良いといった記事を書きましたが、別に大学や専門学校やらに入学できなくても人間生きていけますよ。

あくまで一つのチャンスがあるという位の認識でもいいと思う。

www.kabenoko.com

だけど、その反面大学や専門学校に卒業しないと就けない職業があるというのも事実。

例えば、教師なんかは典型的な一例だと思います。

確かに教師になるには一般教養も必要だと思うし、学力や面接というフィルターを掛ける事によって適任者をだすというのは利己的ではあると思うのだけど、それに対して「学力」というのは必要なのか?

普通に学力テストと面接、その上で教育実習を学んで適任であれば教師になれるという制度ではダメなのだろうか?

けど、実際に大学や専門学校卒業しなくてもそういった職に就けますよ。となったら実際にそれなりの批判も来るんでしょうけど、なんかもうちょっと受験制度もしかりあと少し改変すれば素晴らしいのにと思ってしまう。

 

だけど茂木健一郎と葉加瀬太郎が被ってしまう

うん、突然記事の内容が明後日の方向に向かってしまって申し訳ない。

だけど、記事を書いている最中に思ってしまったんだ。

大きなコンサートホールで遠くで茂木健一郎が情熱大陸を演奏をしていたとしても恐らく気づかない自身がありますわ。

あと、動画の茂木健一郎結構口が悪くてビックリですわ。「お父さんすっごいフランクに話かけてきますね〜‼︎」って居酒屋で会ったら仲良くなりたい位の正直な口の悪さ

だからこそ共感できるんですけどね。小難しい言葉や意識の高い系の言葉で会話なんて理解がスムーズにいかないし、共感を得づらい。

もうね、かつてオバマ大統領が言っていた「Yes. We Can.」位の日本の中学生でもわかるわって位のシンプルな発言の方が共感しやすい。

個人的には頭の良い人ってそういったわかりやすい言葉で会話をすると思う、もしくは常識の認識が他と違って本当に自然に難しい言葉で説明する人。こっちは天才肌ですね。

とりあえず、なにがこの記事で書きたかっていうと、受験なんて人生においてちょっとしたイベントなんだから、茂木健一郎の動画でも観てもう少し気楽にやってみようよ。

という事を伝えたかったのですよ。

 

それでは。

頭は「本の読み方」で磨かれる

頭は「本の読み方」で磨かれる