カベノコブログ

自分の考えや知識を独断と偏見で書いていこうと思い、ブログを開始。某家電量販店で働いた後に、現在はIT業界に転職。

畳部屋のインテリアを変えたいのならフローリングカーペットがオススメ

畳部屋って風情はあるんですが、家具との組み合わせを考えるとなかなか難しいですよね。

折角だからオシャレな部屋にしようとしても畳部屋に合う家具ってなかなか売ってないですし、探すのも一苦労です。

という訳で私が辿り着いたのがフローリングカーペットという選択肢。

部屋の土台を変える商品ですが、本当に便利でオススメなのでこの記事で紹介しようと思います。

f:id:kabenoko:20171225175941j:plain

 

フローリングカーペットとは

名前の通り、部屋の床をフローリングにしてくれるカーペットです。

ウッドカーペットって呼ばれたりしますね。

ちなみに小さいカーペットを複数枚繋げるタイプと大きなカーペット一枚で構成されている物がありますが、絶対に一枚タイプの方がオススメです。

理由としては、繋げるタイプのフローリングカーペットだとつなぎ目が目立つという点と液体をこぼした時につなぎ目から本来の床に辿りついてしまうというデメリットがあるからです。

ちなみに設置の労力も同じくらいかなという印象ですしね。

 

フローリングカーペットにしてわかった事、レビュー

私自身畳部屋をフローリングカーペットに数年経つのですが、本当に良い商品なんです。 

まず、フローリングにした事によって木目調のデスクをおいても違和感ないです。

そして液体をこぼしてもフローリングなので掃除も楽ですね。模様替えをまた行いと思っても2万円程でカーペットを変える事ができるのも良いですね。

ただ、カーペットにする際に部屋の物を全部出す必要があるのと、カーペット自体の重量が結構あるので設置の際はできれば部屋の物を別の所に移しておいてから、カーペットを敷くと時は2人居た方が良いかもしれませんね。

それでも人数はあくまで2人居た方が良いというだけで、実際には一人でも少し大変ですが設置できますし、特に工具は一切使わないので手伝ってくれる人が居なくても問題はないです。

そんな非常にオススメのフローリングカーペットですが注意点がございまして、アパートやマンションに住んでいる場合は玄関から部屋に入るのかを調べておいた方が良いです。

部屋の床を全部を覆うサイズなのでやはりサイズは大分でかいです。

そのため、購入する前までにカーペット一辺の長さから部屋の入り口に入るの調べおくべきですね。

 

最後に

他の家具と比較をして導入に少し労力は必要となる物ですが、引っ越しをされる方や部屋をおしゃれにしたい、インテリアを変えたいという人には改めてオススメしたい商品です。

そんなフローリングカーペットを是非導入してみては如何でしょうか?

 

それでは。