カベノコブログ

自分の考えや知識を独断と偏見で書いていこうと思い、ブログを開始。某家電量販店で働いた後に、現在はIT業界に転職。

DYGLを聴くたびに海外バンドだと思うのは私だけなのか

以前に書いたHomecomingsの記事でもそうなんですが、結構日本人の歌う洋楽の歌詞って現地の海外県住む人より日本国内のリスナーからの方が批評をしてたりするイメージなんですよね。

私も日本人ですし、別に好き嫌いや批判をする事は別に良い事だとは思うのですが、そこで個人的に英語のうまいバンドってなんだろうって考えた時に出てきたバンドがDYGLな訳ですよ。

 

ブリティッシュ感強くない?

youtu.be

MV観てると歌ってるのは思いっきり日本人なんだけど、何処かで聴いたようなデジャブ感が凄まじい。

どこで聴いたんだろうって思い返してみるとArctic Monkeysに近いような気がする。

でもバンドサウンドはStrokesとかにも近い気がする。

こういうのが日本のバンドで作られるってなんか面白いですよね。

どうしたらこんなバンド組めるっていうんだい?テンポが早ければ盛り上がるって訳じゃないだよ‼︎じんわりとテンション上がる系の曲。

じんわり温まるゆたんぽみたいなバンド。

ちなみにこの動画コメントやらを観てみると「イングランド出身の音楽だと思った」との海外からのコメントがちらほら見かけられる訳ですよ。

訛りまでコピーしちゃうのかよ(笑)

逆に日本のバンドなのに訛りを身につけるっていう謎のスキルが気になる。

スピードラーニングとか普通の英語の教材では身につかないですからね。

「DYGL監修、これで貴方も話せる‼︎ブリティッシュイングリッシュ」

とかそんな感じの英語教材出たら買っちゃうわ。シンコーミュージックとかに頑張って欲しいわ。是非出版よろしくお願いします。

 

ライブも安定の英語力

youtu.be

以前にDYGLのライブを観たことがあるのですが、やっぱり安定の英語力。

AlexandrosがGlastonbury Fesのヘッドライナーに出演するのがバンドゴールっていう記事を昔どこかで読んだ記憶があるんだけど、個人的にはDYGLの方がGlastonbury Fesに出演できる道が近い印象。

というか出演したら面白そうというのが正直な印象。

あと音源だけ海外の人から聴いたらどうなんですかね、日本人が歌ってるって気づくのかな?

ちなみに歌詞の文法とかそこらへんはわからないので、感想とか印象とかは割愛しますね。

というか洋楽聴く時に歌詞を観る人って多いのかしら、今までで洋楽の歌詞を意識したのなんて多分10曲位の私はにはわかりませぬゆえ。

 

という訳で個人的に今気になっているDYGLの紹介記事でした。

 

それでは。

Say Goodbye to Memory Den

Say Goodbye to Memory Den