カベノコブログ

気になったニュースや音楽、ガジェットを紹介していくブログです。

マジ歌選手権でバカリズムで爆笑してたら本家が出てきて更に爆笑

ゴットタンってテレ東だからこそ許される限りなく自由な番組だと思うし、特にゴットタンの人気コーナー、マジ歌選手権は本当に面白いと思う訳ですよ。

そんな2018新春に放送されたマジ歌選手権でバカリズムが最高に面白かったという記事にしました。

 

まさかのご本人登場

youtu.be

バカリズムがマジ歌で歌った曲「恋のパステルカラー」は彼女について歌った曲との事なんですが、「これテレビで放送して良いのかい…」というまるで90年代のテレビにタイムスリップしたかのような内容。家族で観るのは気をつけたほうが良い。

ちなみに作曲は以前にも記事に書いたEnjoy Music Clubが担当をしているのですが、まさかのご本人登場。ただでさえ面白いのにまさかのご本人登場だしより面白さ倍増でエンターテイメント性高め。

 バカリズムとEnjoy Music Clubのケミストリーが生まれた結果がこれですよ皆様。

www.kabenoko.com

 

ちなみに原曲は江本祐介「ライトブルー」

youtu.be

バカリズムが歌った曲「恋のパステルカラー」はEnjoy Music Clubとなっていますが、原曲は厳密にいうとEnjoy Music Clubのメンバーである江本祐介が作った「ライトブルー」という曲。

こっちはより爽やかでポップな仕上がりとなってます。違いとしてはバカリズムの歌詞と途中のラップ部分が無くなってます。

恋のパステルカラーを聴いた後だと相乗効果でより良い曲だと思えるし、面白く観れるという正にWin-Winの関係。

ちなみにこの曲って乃木坂46のメンバーである桜井麗香の個人PVで使用する曲として作られたみたいなんですが、マジ歌選手権の影響でおそらくそのPVをちゃんと観れる気がしない。

マジ歌選手権でこの曲をご本人登場込みで提供したEnjoy Music Clubの心の広さと途中でラップを入れちゃうアレンジ力、心の広さに乾杯。

そしてテレビを観て本当にEnjoy Music Clubの勢いが止まらないと思いましたね。

以前に少し書いたキュウソネコカミやヤバイTシャツ屋さん等のコミックバンドも時代が来ている印象ですがEnjoy Music Clubはコミックバンドとは異なる別の面白さと格好良さを持ち合わせている音楽グループではないでしょうか。

www.kabenoko.com

 

という事で2018年に放送されたゴットタンのマジ歌選手権でのバカリズムの感想記事でした。

 

それでは 。

ライトブルー

ライトブルー