カベノコブログ

自分の考えや知識を独断と偏見で書いていこうと思い、ブログを開始。某家電量販店で働いた後に、現在はIT業界に転職。

Maison book girlはアイドルの常識を変えてくれるのか

普段アイドルの音楽ってなかなか聴く機会がないものでして、知っているアイドルの曲といえば秋元康系列のアイドルとさよならポニーテールとBABY METAL,Perfume位な私なんですが、先日Maison book girlというアイドルグループを知りまして、それが思いの他良かったのでこの記事紹介したい訳です。

f:id:kabenoko:20180107104045j:plain

 

Maison book girlは何故良いのか

youtu.be

何故あまりアイドルの事を詳しくない私がMaison book girlが良いかなんて記事に書いているのかと言うと、単刀直入にいって音楽が良いんですよね。

極論なんですが、地方アイドル、地下アイドル、有名なアイドルってアイドル名乗っている位ですから一定水準の可愛さが保証されているわけですよ。

その一定水準で可愛い女の子達を他のアイドル達とかに負ける事なく人気を出すにはどうしたら良いのかというと、楽曲の良さや宣伝のうまさにあると思うんですよね。

BABY METALやPerfumeのように楽曲が良ければ音楽好きな人たちの目にとまるし、AKBのようにすぐに会えるという宣伝方法で人気がでるのもある(というか秋元康という存在が巨大な広告塔になっている)。

アイドルにとってプロデューサーって本当に重要なポジションではないでしょうか。

アイドルマスターは現在起きているアイドル界のリアルを描いている事がわかりますね。

では、Maison book girlは楽曲と宣伝どちらが良いのかというと断然楽曲が良いのです、ジャンルとしては現代音楽に当てはまるみたいで、実際に聴いてみるとSigur Rosとかトクマルシューゴとか通ずる部分があるのですが如何でしょう。

ちなみにNext Music from Tokyoにも参加していたみたい。ウケる。

 

アイドルというジャンルの偏見をなくしてくれ

そんなMaison book girlを聴いていて、周りにもこの良さを共感して欲しいと思い友人に話してみたのですがどうもリアクションが薄いような気がしまして。

「Maison book girlってアイドルが最近知って良かったんだよね」なんて言ったら一瞬で「えっ!!」て顔をされる。その表情隠しきれてないぜよ。

確かに考えるとアイドル好きって表立って話ができるのではないのではないかと再認識。

昔はアニメが好きっていうと「アニメオタク」というレッテルを貼られて、人々に蔑まされる時代があったように、アイドル好きというのはまだ幾分かマイナスイメージが抜け切れていないのではないでしょうか。

ではこの流れを打破する為にはどうしたら良いのかというと、Maison book girlの様に音楽としても魅力的なアイドルが人気を出して一般の人たちにも知れ渡ればこの負のイメージから抜けられるのではないかと。

Maison book girlがそのイメージ脱却の為の切っ掛けになればと思うのでした。

 

それでは。

 

image

image