カベノコブログ

自分の考えや知識を独断と偏見で書いていこうと思い、ブログを開始。某家電量販店で働いた後に、現在はIT業界に転職。

Youtubeが動画収益厳格化を発表。そこから一体何が起きるのか考えてみた。

先日Webニュースを見ていた所、個人的に面白い記事を見つけまして。

内容としてはYoutubeが広告収入を得られる為のガイドラインを更新したという記事なんですが、これってYoutube方向性が変わるのではないと思ったので記事に書く事にしました。

f:id:kabenoko:20180121144511j:plain

 

Youtubeパートナープログラムの更新内容とは

support.google.com

今回のガイドライン変更での内容として「過去12ヶ月の総再生時間が4,000時間」「チャンネル登録者が1,000人に達成」という条件を満たすとYoutubeのパートナープログラムに参加する事ができ、広告収入を得る事ができるようになるとの事です。

これを読むと広告収入を得る事が以前よりもハードルが上がっているように思えます。

では、このガイドラインの変更によってどのような影響がYouTubeに起きるのかを考えてみました。

 

Youtubeでどのような影響が起きるのか

このガイドラインの変更によって出てくる影響としては

  • 新規動画投稿者の減少
  • 違法動画アップロードの減少
  • 一本の動画に対する再生時間の変化

が影響するのではないかと思います。

まず、この動画投稿者の減少というのは収益化のハードルが上がった事で直結する事でそのまま減少に繋がると考えられるます。逆に考えると収益を目当てにしない動画投稿が増えてくるのではないでしょうか。良い考え方をすれば収益というフィルターが除かれる事によって投稿動画の趣味趣向の幅は広がると考えても良いかもしれないですね。

次に影響する事としては違法動画アップロードの減少ですね。恐らくですが現在Youtubeで違法動画アップロードが行われているアカウントは、違法動画を載せた後、視聴者の報告でアカウントの停止、もしくは収益の停止が行われるまでの広告収入を得ていると考えられます。

しかし、今回の「チャンネル登録者1,000人」というガイドラインの変更によって、どれだけ動画が再生されようとチャンネル登録者が1,000人を超えないと広告収入を得られないので、1,000人の登録者を超えるまでにアカウントの停止に繋がるリスクを考えると動画を載せるメリットはなくなります。これを考えると違法動画のアップロードは減少すると考えられます。

ただし、チャンネル登録者用のアカウントを1,000アカウント作ってチャンネル登録者を1,000超えさせる事は可能なので実際にどれ位減るのかは未知数ですね。

もしくはTwitterのフォロワーを購入するサービスがあるようにチャンネル登録者を購入するサービスでてくるかもしれない。と思って調べたすでにあるっぽいですね…。

違法性高いのでなんとも言えませんわ…。

最後に、一本の動画に対する再生時間の変化という部分ですが、予測としては一本あたりの動画再生時間が長くなると思います。

1本の動画再生時間が10分の動画を3本載せるよりも1本30分の動画載せたほうが企画や内容もそれ程考えずに済みます。

そういった事から動画の再生時間は間延びするようなものになるのではないかと考えられます。再生時間が長いからといっても流し再生される可能性もありますからね。一本の動画時間が長い方が収益化を目標にする方からするとメリットが生まれてくると思います。

 

Youtubeのコンテンツとして終わりが見えてきた?

今回のニュースで思った事としては、Youtubeってコンテンツとして終わりが見えてきたかな?

思う人もいるかもしれませんが、個人的な考えとしてはまだ個人動画のコンテンツとしてはまだまだ終わらないかな。という印象です。

理由としては、同様に優れる動画サービスがまだ台頭してきていない。というのが一番大きいと思いますね。ただし、今回のガイドラインによってオリジナルのコンテンツが増えてきてよりクリーンな動画サイトになっていくのではないかと思います。

 

というわけで、先日発表されたYoutubeのガイドラインについての記事でした。

 

それでは。

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座

iPhoneで撮影・編集・投稿 YouTube動画編集 養成講座