カベノコブログ

気になったニュースや音楽、ガジェットを紹介していくブログです。

UMPCでゲームができるGPD WIN2が登場。旧型のGPD WINと比較をしてみた。

ウルトラモバイルパソコンで外でもパソコンゲームをプレイできる。そんな夢を叶えてくれるパソコンGPD WIN2が現在クラウドファンディングで出資を募っています。

なんともマニアックな商品ですが、非常に気になる。

という訳で今回の記事ではGPD WIN2と旧型のGPD WINとの比較を含めた違いを今回の記事でまとめたいと思います。

f:id:kabenoko:20180121130534j:plain

 

GPD WIN2の性能と価格は?どんなゲームができるのか?

f:id:kabenoko:20180121130732j:plain

現在クラウドファンディングで募集されているGPD WIN2は超小型のモバイルパソコンとなっており、外でもパソコンゲームができるウルトラモバイルパソコンとなっております。

スペックとしては

  • CPU:Core m3-7Y30
  • Intel HD Graphids 615
  • 6インチのIPS液晶ディスプレイ(タッチパネル)
  • 8GBメモリ搭載
  • 128SSD搭載
  • Micro HDMI, USB3.0ポート搭載

となっており、小型で非常に持ち運びしやすく、スペックが高いパソコンとなっております。

具体的にどのようなゲームが動くのかYoutubeに動画もいくつか載っており

youtu.be

設定を調整すればある程度ゲームが動く事が確認できます。ウルトラモバイルパソコンってここまで進化しているんですね…。

ちなみに今話題PUBGなんかのプレイ動画載っていたりするのですが、そちらは若干のカクつきはあるものの辛うじて動いているのかな。というのが正直な印象。

価格は649ドルとなっており、多めに見ても8万円以内で購入できるといった所でしょうか。クラウドファンディングで購入する際の金額は649ドルですが、小売価格は25%上がる価格になるとの事です。(およそ10万円程の価格になると思われる)

まインターフェイスも充実しているのでモニターやキーボード等の周辺機器を繋げれば通常のパソコンとしても使用できるのは魅力的ですね。

 

旧型のGPD WINとの性能、価格の面から比較をしてみる。

そこで気になったのが、旧型のGPD WIN.こちらのスペックと価格を調べてみてどちらがオススメなのかを調べてみる事にしました。

GPD WINのスペックとしては

  • CPU:Atom X7-z8750
  • Intel HD Graphics 405
  • 5.5インチのIPS液晶ディスプレイ(タッチパネル)
  • 4GBメモリ搭載
  • 64GB eMMC搭載
  • HDMI Cタイプ、USB 3.0ポート搭載

となっており、新型のGPD WIN2とのフレームスピードについても公式にて説明されいてます。

f:id:kabenoko:20180121133853j:plain

こちらを比較をすると、恐らくですがGPD WINとGPD WIN2では倍近くの性能差があると考えても良いと思いますね。

それでもGPD WINではドラゴンクエスト10等の比較的負荷が少ないオンラインゲームであれば動作はするようです。

youtu.be

価格は4万円前後でAmazonでも購入できる為、価格や手に入れやすさの面ではGPD WIN2よりはGPD WINの分があるといった所でしょうか。

インターフェイスについてはそれほど大きくは変わっていないというのが正直な印象。

 

GPD WINとGPD WIN2どちらがオススメなのか?

以上の比較してみてわかった事としては予算が出せるのであれば、個人的なオススメとしては断然GPD WIN2になります。

すぐに欲しいという方や高負荷なゲームはしない、予算オーバーしてしまうという方であればGPD WINという選択肢もアリだとは思います。

しかし、逆に2Dのゲーム位しかしない、サイズは気にしないという方であればGPD WINではなく通常のWINDOWSタブレットでも良いかなというのが個人的な考えです。

 

GPD WIN2を購入の方法を調べてみた。

今回GPD WIN2はindiegogoというクラウドファンディングで出資を募っているのですが、どのように購入ができるのかを調べてみたのですがこちらのサイトが比較的わかりやすいかと思います。

chasuke.com

ただし、購入はあくまで自己責任でお願いします。

英語もある程度は分かった方がいいと思いますが、頑張ればGoogle翻訳でも購入できるかな…。それと発想は2018年の5月を予定しているみたいです。

逆に英語が心配という方や、少し値段が上がっても良いという方は小売に流通もするみたいなので、流通されてからAmazon等で購入するのも良いかもしれませんね。

 

という訳で今回は外でもパソコンゲームができるUMPC,GPD WIN2とGPD WINについての記事でした。是非参考になればと思います。

 

それでは。